HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】被災地特例を半年延長

2012年2月13日 (月)

 厚生労働省は、東日本大震災の被災地にある医療機関に今年度末まで認めている看護配置数や平均在院日数などの診療報酬上の要件を緩和する特例措置を、9月30日まで半年間延長する。福島県で審査支払機関のレセプト受付状況などから、依然として大震災の影響が残っている可能性があるため、様子を見ることになった。

 医療機関は、毎年7月1日時点の施設基準の届出状況を厚労省へ定期的に報告することになっている。厚労省は、定期報告に合わせて被災地特例措置の利用状況の届出を要請して実態を把握した上で、その後の対応を検討する。10日に開かれた中央社会保険医療協議会で了承された。

 なお、新薬の14日処方制限を適用しない特例措置も講じているが、告示上では期限を設けておらず、厚労省は対応を当面続ける。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録