HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬食審血液事業部会】12年度献血計画まとまる‐若年層対策を強化

2012年3月7日 (水)

 薬事・食品衛生審議会血液事業部会は6日、2012年度の献血推進計画をまとめた。血液確保量は全血採血145万L、成分採血63万Lの計208万Lとし、献血では400mL全血採血を基本としつつ、将来の献血基盤を確保する観点から若年層に対しては初回献血を中心に200ml全血採血を推進する方針を示した。厚生労働省が告示する。

 献血者の総数は直近の11年で約525万人と前年を約7万人下回る。年齢別ではは40~60代が増えている一方、ここ数年は20~30代が減り、10代は減少を続けている。

 12年度計画には、若年層の献血を促すため、学校と連携したセミナーなどの普及啓発に取り組むと共に、採血量を抑えて初回献血時の不安を和らげることを盛り込んだ。

 このほか、東日本大震災の教訓を踏まえた災害時の献血確保策として、「国、都道府県、市町村、採血事業者は、災害時等に備えた複数の通信手段の確保や燃料の確保が確実に行われるよう対策を講ずる必要がある」とした。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録