HOME > 無季言 ∨ 

「ジャパン・ワクチン」を設立で

2012年3月12日 (月)

◆予防医療の高まりを受けて、国内でもワクチンの事業化に向けた動きが活発化してきた。武田薬品は1月にワクチンビジネス部を立ち上げ、第一三共はグラクソ・スミスクラインとワクチン事業に特化した国内合弁会社「ジャパン・ワクチン」を設立した
◆武田はスイスのナイコメッド買収で得た事業基盤を通じ「グローバルを」と意欲を示し、第一三共はGSKと組むことで「まずは国内を」と強調する。両社のスタンスは異なるものの、ワクチンを事業の柱に据える点では一致している
◆ワクチンの事業化は、医薬品に比べ、生産設備に初期投資がかかるなど、市場参入の壁は高い。ただ、ワクチン治験の有効性評価は、接種後の抗体価がメインであり、第III相試験での脱落が少なく、販売後も特許切れという事業リスクがない。事業基盤を整備できれば固いビジネスともいえる
◆今後日本に加え、アジアを中心とした新興国市場も大きなターゲットになるだろう。特殊な市場だけに、他社・外部機関との提携、専門人材の確保が成功のカギを握る。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録