HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省・研究班】4割が睡眠障害の疑い‐宮城、岩手の被災者

2012年3月12日 (月)

 厚生科学研究「被災者の健康状態等に関する調査に係る研究班」(研究代表者:林謙治国立保健医療科学院長)がまとめた、東日本大震災被災者の健康状態に関する調査によると、岩手県と宮城県の被災者で、睡眠障害の疑いがある人の割合は約4割で、全国平均の約3割より高いことが分かった。震災から1年が経過し、地域医療が復旧しつつある中、不安・抑うつ症状を訴える被災者のメンタルケアの重要性が浮き彫りとなった。

 調査対象となったのは、岩手県が陸前高田市、山田町、大槌町の3市町の約1万人で、宮城県が石巻市の雄勝・牡鹿地域および網地島、仙台市若林区の3地区約6500人。

 昨年6月から今年2月にかけて、健診データに加え、疾病罹患状況、睡眠、心理的苦痛のスクリーニングテスト、経済状況などについて、震災の前後でどのよう変化が生じたかを調べた。10年間のコホート研究。

 アテネ不眠尺度を用いて計測した睡眠障害の疑いがある人の割合は、若林区46・8%、雄勝・牡鹿42・5%、網地島20・0%、山田44・1%、大槌40・0%、陸前高田38・0%で、過去の全国調査の28・5%に比べて高かった。失業や経済状況の悪化、避難所を移るなど転居回数が多いほど、睡眠に問題を抱える傾向もみられた。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録