HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【PMDA】4年制薬系大学院と初協定‐帝京大、就実大と連携大学院

2012年3月21日 (水)

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)はこのほど帝京大学、就実大学の2校と連携大学院協定を締結した。PMDAは既に医薬系8大学の大学院と同協定を結んでいるが、6年制薬学教育の上に位置する4年制博士課程の大学院を対象に同協定を結んだのはこれら2校が初めて。

 帝京大学大学院医学研究科・薬学研究科とは2日付、就実大学大学院医療薬学研究科とは14付で同協定を締結した。4月以降、相互の人的・知的資源を活用し、大学院生の教育研究や相互の人材交流について連携・協力する。

 就実大学は4月から「大学院医療薬学研究科疾病治療薬学専攻」を開設する。同専攻の「最適薬物療法学分野」における研究領域の一つとして「臨床医薬品評価学」を設けており、ここでは医療現場の臨床試験研究体制、国内外の医薬品の評価体制などを研究課題にする計画だ。こうした研究を推進し、有能な人材を育成する上でPMDAと連携・協力する意味は大きいとしている。

 就実大学はこれまでも、薬学部の講義にPMDAの職員を招聘するなど様々な連携を行ってきた。4月以降は、同専攻の大学院生がPMDAに一定期間出向いて研究を行うなどの連携が考えられるという。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録