HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

大手医薬品卸が入社式‐チャレンジ精神の発揮を

2012年4月10日 (火)

共創未来グループの入社式

 大手医薬品卸の入社式が2日、行われた。トップのあいさつでは、新入社員のチャレンジ精神の発揮に期待を寄せる声が相次いだ。

メディセオ

 メディセオの長福恭弘社長は、東日本大震災での活躍を例に、「医薬品卸は、企業活動が社会貢献する素晴らしい会社である。社会に必要とされ続けるには、まず遵法精神を持って仕事をしてほしい」と新入社員25人に訴えた。

 また、チャレンジ精神と改革・進化の重要性を説くと共に、「まずは、仕事に慣れて一人前になることが先であり、その後に次の改革へ挑戦できるので、焦らずに取り組んでほしい。また、全ての人が平等に与えられた条件は時間であり、それをいかに使うかが人生を決めると思っている。公私ともに目標を持って挑戦をしてほしい」と、先輩として心構えを助言しエールを送った。

 渡辺秀一会長は、「初心を忘れず頑張って、自分の価値を高めていってほしい。人に優しい人間になって、皆さんが持っている人に役立ちたいという欲求を存分に発揮してほしい」と激励した。

スズケン

 スズケングループには274人が入社した。スズケンの別所芳樹会長は、「今日から社会人であると同時に、一人ひとりが社会に出ればスズケングループの代表として見られる。たった一人の安易な行動が、所属する会社の積み上げてきた信頼をいともたやすく失わせてしまうこともある」と、コンプライアンスの重要性を諭した。

 東日本大震災での先輩社員たちの奮闘ぶりを紹介した上で、「私たちの仕事は人々の命や健康に関わる役割を担っており、大変誇りのある仕事である。ぜひ胸を張ってほしい」と語った。

 また、「皆さんの夢を叶えることのできる自己実現の場が無限に用意されている。どうか、持てる力を存分に発揮してもらいたい」と訴えた。

共創未来グループ

 東邦ホールディングスを中心とする共創未来グループの入社式は2日、初めてグループ全社の新入社員216人が一堂に会して行われた。

 東邦HDの濱田矩男社長は、「企業は日々新たに生まれ変わっている。皆さんが歴史を作り、後に企業を支えていると言われるよう頑張ってほしい」と歓迎の意を表し、グループの大きな特色である「顧客視点」の精神を説いた上で、昨今の厳しい環境に触れ「不安な時ほど、未来を創造すべくチャレンジしてほしい」と訴えた。

 松谷高顕会長は、「恵まれた医療環境にあっても国民の満足度は必ずしも高くはないというギャップを埋めていくことを含め、皆さんの仕事は重要だ。一生懸命やっていると必ず仕事は自分のものになる。ともに頑張ろう」と共闘を呼びかけた。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録