HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ポリオ予防接種】9月からIPVに切り替え

2012年4月24日 (火)

 厚生労働省の「不活化ポリオワクチンの円滑な導入に関する検討会」は23日、ポリオの定期予防接種について、9月1日から現行の経口生ワクチン(OPV)を単独の不活化ポリオワクチン(IPV)に切り替える案を了承した。5月に開く予定の厚生科学審議会感染症分科会・予防接種部会で了承された後、関係省令を改正する。

 厚労省案では、IPVの予防接種法上の対象年齢は、OPVと同様に生後3カ月から90カ月未満とする。IPVは、原則として生後3カ月から初回接種を開始し、20日から56日までの間隔を置いて3回接種する。その後、6か月以上の間隔を置いてもう1回追加接種するとしている。

 OPVを1回接種している場合は、4回のIPV接種のうち、1回の接種を終えたものとみなし、IPVを3回接種する。3種混合ワクチンを1回以上接種した場合は、原則としてIPVを使用することとし、OPVを2回接種している場合は、追加接種は不要とした。

 IPVへの全面移行後は、OPVは定期接種に使用しない方針。厚労省は、今年度末までに477万回分のIPVが供給されると見通しており、OPVを使用しなくても供給量は足りると判断した。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録