HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日薬】11年度DEM事業で速報値‐4万5000件の症例集まる

2012年5月8日 (火)

 日本薬剤師会「2011年度DEM事業報告件数(速報値)」がまとまり、9500軒の薬局から4万5000件を超す症例報告が寄せられた。参加薬局数がトップの県は兵庫県で、薬局数の多い東京、大阪などを抜いて850軒の薬局が参加した。次いで積極的に報告していたのは長野県と、独自のインターネットシステムを構築している熊本県で、いずれも約650軒の薬局が参加した。

 11年度DEM事業はシタグリプチン、アログリプチン、ビルダグリプチン、リナグリプチンの各DPP-4阻害薬を対象に実施。参加薬局数は9486軒、症例報告数は4万5649件で昨年度とほぼ横ばいだった。参加数トップ3県以外では、福岡や東京で500軒を超す薬局が参加した。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録