HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【J&J】職場で広がる嫌煙意識‐8割が禁煙・分煙を希望

2012年7月27日 (金)

 屋内で働く人たちの8割が、少なくとも働いている間は全面禁煙・完全分煙を望んでいる。ジョンソン・エンド・ジョンソン「ニコレット喫煙支援センター」が行った「受動喫煙に関する屋内労働者の意識調査」結果によるもの。また、法律や条例による喫煙対策の義務化にも6割が賛成するなど、“嫌煙”意識が浸透していることも分かった。

 この調査は、今国会で職場の受動喫煙防止を定めた労働安全衛生法改正が審議されていることから、労働者が実際に職場の喫煙環境や受動喫煙による健康への影響をどう捉えているのか、また、どのような職場環境を求めていて、法律や条例による受動喫煙対策について、どのように受け止められているのか、意識と実態を知るために実施したもの。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録