HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【製薬4団体】横行する偽造薬ネット販売‐違法業者の取締り強化へ

2012年7月27日 (金)

共同声明を発表

 国際製薬団体連合会(IFPMA)など日米欧の製薬4団体は、偽造医薬品のインターネット販売を取り締まるための共同声明を発表した。違法な業者がオンライン上で販売する医薬品は、公衆衛生に危険を与えるとし、患者保護のため世界的な監視と法律執行の強化を各国政府に呼びかけている。

 世界保健機関(WHO)によると、違法なインターネットサイトで購入された医薬品の50%が偽造医薬品だった。米国や欧州当局等の報告では、偽造医薬品の押収件数が急増し、これまで世界124カ国で偽造が確認されている。昨年、日本で見つかった偽造医薬品は500以上で、8万錠近くが押収された。そのほとんどがインターネットで購入されたものだった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録