HOME > 無季言 ∨ 

第1類を売る体制を

2012年8月6日 (月)

◆イブプロフェンを含有する一般薬のリスク区分見直しを審議した薬食審・医薬品等安全対策部会。日薬は、現行の第2類から第1類への引き上げを求めた
◆イブプロフェンの動物実験で、胎児の動脈管収縮が報告されており、「有害事象を防ぐため」というのが理由だ。しかし、類似薬である「アスピリン」が妊娠後期の婦人を禁忌としながら、指定第2類に分類されていることもあり、主張は認められなかった
◆「かかりつけ薬局」の必要性が提唱されて久しいが、未だに一般薬を置いていない薬局は少なくない。厚労省の覆面調査では、第1類薬購入時に文書を用いて適切に説明していた薬局が3割程度にとどまり、薬剤師による情報提供の不十分さが浮き彫りとなっている
◆医薬品を安全に提供したいとの思いは理解できるが、リスク区分を第1類に引き上げたことで、医薬品へのアクセスがこれまで以上に困難になってしまっては本末転倒だ。まずは情報提供の徹底も含め、本気で第1類を売る体制を整えることが不可欠ではないか。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録