HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【人事院】4年ぶりの据え置き勧告‐薬剤師初任給は現状維持

2012年8月10日 (金)

 人事院は8日、2012年の国家公務員の月給とボーナスを据え置くよう政府と国会に勧告した。人事院によると、今年度の国家公務員の給与は、民間の水準を僅かに上回っているものの、東日本大震災の復興財源を捻出するため、4月から特例で減額されていることを考慮して改定を行わず、ボーナスも去年と同様の3・95カ月分とした。給与の据え置き勧告は4年ぶりとなる。6年制薬剤師の初任給に当たる2級15号俸は20万0800円を維持する。

 国家公務員の給与は、民間企業の給与実態に合わせる「民間準拠」で決まる。人事院では、勧告の参考にするため、全国約1万1100の事業所を対象に、定期昇給、ベースアップ、ボーナスや各種手当の支給状況などを調査している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録