HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

分子プローブ、臨床開発の段階‐認知症などへの活用に期待

2012年8月16日 (木)

 認知症の早期診断や創薬などに役立つ分子イメージング用の標識化合物(分子プローブ)の開発が進んでいる。その現況が、このほど神戸市内で開かれた分子イメージング研究戦略推進プログラム成果発表シンポジウムで各研究者から報告された。いくつかの分子プローブはヒトでの探索的臨床試験段階に達しており、今後の臨床応用に向けた期待が示された。

 分子イメージングは、生体内での生命現象を生きたままの状態で画像化する技術。放射性同位元素を組み込んだ分子プローブを投与し、それが発する微量の放射線をPETなどで捉えることによって、分子プローブの生体内での集積を画像で表す。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録