HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【サノフィパスツール】単独IPV価格維持、「状況に変化なし」

2012年9月7日 (金)

 不活化ポリオワクチン(IPV)が従来の経口生ワクチン(OPV)や海外のIPVに比べて高額な問題で、単独IPV「イモバックス」を製造販売するサノフィパスツールが8月31日付で厚生労働省へ「当初の価格設定の時期から状況は変化していない」と回答した。厚労省は7月に藤田政務官名で価格の配慮を依頼するなどIPVメーカーへ値下げを要請してきたが、同社はイモバックスの9月定期接種導入を前に、価格を維持する意向を示した。

 イモバックスの国内希望小売価格は5450円で、アメリカの市販価格と比べると2倍以上高い。OPVの320円とは10倍以上の開きがあり、無料で予防接種を行う自治体の負担は重くなる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録