HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【富士経済】中枢神経系治療剤市場‐20年に6678億円

2012年9月11日 (火)

富士経済が調査結果

 市場調査会社の富士経済は、2020年の抗うつ薬など中枢神経領域治療剤の市場規模が11年比29・8%増の6678億円、また認知症治療剤の市場規模も同94・0%増の2471億円と大幅に拡大するとの調査結果をまとめた。高齢化の進行により、市場拡大が続くと予測している。

 調査は、注目市場に抗うつ剤、慢性疼痛治療剤を挙げている。そのうち抗うつ剤は、市場の7割を占める第一選択薬のSSRI、SNRI、さらに患者の症状によって、新規作用機序のNaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)の使い分けが進み、20年には11年比38・6%増の1714億円に拡大すると見通した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録