HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東大大学院薬学系研究科】嶋田教授、薬効予測で新手法を開発‐GPCRの機能調節機構解明

2012年10月2日 (火)

 核磁気共鳴装置(NMR)を用いて薬の効き具合を正確に予測する手法を、東京大学大学院薬学系研究科の嶋田一夫教授らの研究グループが開発した。G蛋白共役型受容体(GPCR)のNMRシグナル変位を観測することにより、薬効を予測するもので、無数の物質から薬の候補物質を見つけ出す際の動物実験などで調べる従来の方法と比べ、薬の候補物質探索を大幅に効率化することが期待されている。

 GPCRは、7回膜貫通構造を有する膜蛋白質ファミリーの一つで、リガンドの結合によってG蛋白質を介したシグナルを惹起して細胞内に伝達するため、シグナル伝達の強度はリガンドによって異なることが知られている。この現象は、他の受容体では見られないGPCRの機能的特徴となっている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録