HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

RSウイルス感染症が急増‐冬場にかけての増加に注意

2012年10月2日 (火)

 乳幼児期に感染し、低出生体重児や心肺系に基礎疾患があったり、免疫不全がある場合には重症化のリスクが高いRSウイルス感染症が、第35週(8月27~今月2日)以降急増している。また、流行の立ち上がりが近年早まってきており、冬期に向けてさらに感染者が増加するものと推測されることから、国立感染症研究所等は「感染症週報」(第36週:今月3~9日)に掲載し、注意を呼びかけている。

 RS感染症は年齢を問わず、生涯にわたり顕性感染を繰り返し、生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の子どもたちがRSウイルスの初感染を受けるとされている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録