HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ツムラ】加藤社長「漢方のビジネスモデルを開拓」‐エビデンス集積と生産体制強化へ

2012年10月11日 (木)

加藤社長

 6月に就任したツムラの加藤照和社長は、本紙のインタビューに応じ、「全国の医療機関どこに行っても、西洋医学の治療の中で、漢方薬が用いられるようにしたい」と述べ、国内で漢方医療の普及に取り組む方針を示した。今後は、漢方薬の臨床エビデンスの集積と生産体制の強化を重点課題に挙げ、西洋医学と漢方医療の融合を目指していく。加藤氏は「漢方のビジネスモデルには手本がない。自ら道を開拓し事業を発展させていきたい」との決意を示した。

 加藤氏は、「ここ10年で漢方薬を取り巻く環境が劇的に変わり、生産・販売数量が倍量にまで伸びてきた」と手応えを語る。日本漢方生薬製剤協会の調査結果によると、漢方薬の処方経験のある医師の割合が約9割に達するなど、漢方医療の普及が成長を後押しした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録