HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

統合医療で議論紛糾‐論点整理に異論相次ぐ

2012年10月12日 (金)

 厚生労働省の「統合医療」のあり方に関する検討会は5日、第4回会合を開いた。統合医療の提供主体や論点整理をめぐって異論が相次ぎ、議論が紛糾。座長の大島伸一氏(国立長寿医療研究センター総長)が「医療という言葉で(統合医療を)どこまで許容できるか、もう少し考えてみる必要がある」と引き取った。

 この日、情報発信が議題に上がった検討会では、意見交換で羽生田俊構成員(日本医師会副会長)が「そもそも統合医療は効果があるのか。費用対効果から見て無意味ではないか」と総合医療を問題視。これに対し、渡辺賢治構成員(慶應義塾大学医学部漢方医学センター副センター長)は「正しい情報が正しく利用されていない」と指摘した上で、「統合医療が患者の希望につながることもある。そこまで否定していいか」と述べ、座長の大島氏は「効くか効かないか分からないものということは示すべきだが、根拠がないことを理解して、(統合医療を)選択するのは患者の自由裁量」とした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録