HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

制度改正に患者視点生かす‐松岡新総務課長「薬事法改正法案“次期通常国会へ”」

2012年10月12日 (金)

 厚生労働省医薬食品局の松岡正樹総務課長は9日、専門紙の共同取材に応じ、懸案事項となっている薬事法改正について、「これまでの積み重ねがずいぶんあるので、次期通常国会への法案提出を目指し、局長と審議官のもとでしっかり検討し、具体化に取り組んでいきたい」と語った。その上で、「医療機器の技術革新など、特性を見て規制のあり方を考えていくことが重要な視点」と強調。医療現場や患者ニーズに応えられる制度改正を検討していく姿勢を示した。

 松岡課長は、薬害エイズ事件発生後に審査管理課で薬事法改正に携わったほか、健康局総務課で患者サイドから癌、難病対策を進めてきた経験を挙げ、「薬事法改正や新しい再生医療製品の課題等について、これまでの経験、視点を生かしながら業務に取り組んでいきたい」と述べた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録