HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】オープンイノベーション推進‐湘南研究所拠点に展開

2012年10月15日 (月)

チャップマン氏

 武田薬品の医薬研究本部長を務めるポール・チャップマン氏は、11日に横浜市内で講演し、自社の研究開発体制について、外部提携によるオープンイノベーション戦略が重要になるとの考えを強調した。従来の創薬手法を“保守的”とした上で、昨年2月に設立した湘南研究所を共同研究拠点に、「創薬の考え方を変える意味で外部との提携は重要。自社創薬研究のギャップを埋める技術を導入したい」との考えを示した。

 チャップマン氏は、「自社だけで行う創薬研究では、イノベーションの壁がある」と指摘。「これまではわれわれも、外部との提携について保守的な姿勢を取ってきたが、ようやく変わってきた」と述べ、オープンイノベーションを柱とした研究開発を推進する方針を改めて強調した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録