HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和発酵キリン】次期主力候補「バルドキソロンメチル」、国内前期II相試験を中断

2012年10月22日 (月)

 協和発酵キリンは米リアタ・ファーマシューティカルズから導入し、腎領域の次期主力品を見据えて開発を進めてきた糖尿病性腎症治療薬「バルドキソロンメチル」(開発番号:RTA402)について、国内前期第II相臨床試験の中断を発表した。リアタの海外第III相試験(BEACON試験)で、重篤な有害事象や死亡例が多く発現。安全性に懸念があるとする独立データモニタリング委員会の勧告に従ってリアタが試験を中止したのを受けて中断を決めた。今後、BEACON試験や国内試験のデータを総合的に分析し、再開か中止を判断する。

 バルドキソロンメチルは、抗酸化因子や解毒因子の産生を促進する「Nrf2」と呼ばれる遺伝子を活性化することで組織の炎症を保護し、2型糖尿病、心血管疾患、慢性腎不全などの合併症発症を抑制する低分子化合物。リアタの米国第II相試験では被験者の90%以上に腎機能のマーカーである糸球体濾過量の改善が見られていた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録