HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省検討会】GE薬安定供給議論を開始‐指標となる評価基準策定へ

2012年10月24日 (水)

 厚生労働省は、ジェネリック薬(GE薬)の安定供給を指標とした評価基準策定に向けた議論をスタートさせた。厚労省は、「ジェネリック医薬品の信頼性向上のための評価基準等に関する調査検討事業」の第1回検討委員会を非公式で開催。安定供給の評価基準策定をはじめ、「2012年度までに後発品のシェア(数量ベース)30%以上」の目標を掲げた「後発医薬品の安心使用促進アクションプログラム」(AP)の取り組み状況に対する検証などを行う。

 調査検討事業は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの委託事業で、検討委員会は同事業の一環として行われているもの。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録