HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【帝人ファーマ】日本発椎間板ヘルニア根治薬、米で臨床試験

2012年11月1日 (木)

 これまで手術でヘルニアを取り除くか鎮痛剤による保存療法しか選択肢がなかった腰椎椎間板ヘルニアを薬剤で根治しようと、帝人ファーマが蛋白分解酵素製剤「KTP‐001」の第I/II相臨床試験を米国で開始する。

 山梨大学の波呂浩孝教授と横浜市立みなと赤十字病院の小森博達副院長が発明した日本発のシーズを、整形外科・骨代謝領域で実績を持つ同社が、化学及血清療法研究所と共同で創製した注射剤。ヘルニアを選択的に分解・退縮させる生体内酵素「マトリックスメタロプロテアーゼ」と同じ構造を持つヒト型蛋白質を椎間板に直接注入するという方法。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録