HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【塩野義/英ヴィーブ】HIVインテグレース阻害薬、ドルテグラビルで新枠組み

2012年11月1日 (木)

手代木社長

 塩野義製薬と英GSK・米ファイザーの合弁会社でHIV領域に特化しているヴィーブ・ヘルスケア社は、年内に承認申請予定のHIVインテグレース阻害薬「ドルテグラビル」と配合剤に関する契約を結んだ。塩野義は、自社品であるドルテグラビルとその関連製品に関する権利をヴィーブに移転し、ヴィーブの発行済み株式10%を取得。販売の枠組み変更に伴い、ヴィーブからドルテグラビル含有製品の販売高に応じ、平均10%台後半のロイヤルティを受け取る。塩野義は、ドルテグラビルの権利譲渡で製品最大化を図り、高脂血症治療薬「クレストール」の特許切れで生じるマイナス影響を抑えるのが狙い。

 塩野義は、2001年9月にGSKとの合弁会社「シオノギ‐GSKヘルスケア」を設立し、HIVインテグレース阻害薬に関する共同研究を開始した。しかし、GSKとファイザーがHIVに特化した合弁会社「ヴィーブ」を設立し、シオノギ‐GSKヘルスケアの持分をヴィーブに譲渡したことから、「シオノギ・ヴィーブヘルスケア」(JV)に社名変更。市場環境の変化を背景に、昨年末から両社で新たな枠組みの議論を開始し、新たにドルテグラビルに関する契約を締結することになった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録