HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【費用対効果評価専門部会】日本独自のQOL指標要求

2012年11月2日 (金)

 中央社会保険医療協議会の費用対効果評価専門部会が10月31日に開かれ、福田敬参考人(国立保健医療科学院上席主任研究官)が効果指標の一つとして、QOL評価の具体的方法を示した。健康関連QOLの包括的な評価尺度として、患者に痛みや不安等の程度を5項目で質問する「EQ‐5D」が紹介されたが、委員からは日本独自の評価尺度を求める声が相次いだ。

 嘉山孝正委員(全国医学部長病院長会議相談役)は、「患者の痛みや不安に客観的な評価はなく、自己評価のEQ‐5Dだけを指標としていいのか。第三者の誰が見ても評価できるような指標を使った方がいい」と反論。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録