18日に「漢方薬シンポ」 奈良県

2012年11月2日 (金)

 奈良県は、18日午前10時から橿原市の奈良県立医科大学大講堂で「漢方薬シンポジウム2012」を開催する。伝統ある漢方薬や生薬と最新の情報通信技術(ICT)を利用した具体的な取り組みを紹介し、今後の健やかな生活や優れた医療のあり方を考える。参加費は無料。

 講演は「ICT時代の漢方の活用」=渡辺賢治氏(慶應義塾大学准教授)、「ICTを利用したヘルスケアマネージメントの推進」=城和貴氏(奈良女子大学教授)、梅田智広氏(奈良女子大学特任准教授)の2題。このほか「伝統あるモノと新しいモノで元気で長生きを実現」をテーマに、パネルディスカッションが行われる。

 問い合わせは奈良県医療政策部薬務課(TEL0742・27・8673)まで。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録