HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【行政刷新会議】「新仕分け」事業決定‐市販類似薬が再び俎上

2012年11月12日 (月)

 政府の行政刷新会議は8日、今月16~18日に実施する「新仕分け」の事業を決定した。今回の新仕分けは、日本再生戦略のライフ関連事業や社会保障分野などが柱。厚生労働省の所管分野では、在宅医療や生活保護の医療扶助、市販品類似薬などを取り上げ、事業の内容を精査する。仕分け結果は、2013年度予算に反映させる。

 今回の新仕分けは、▽復興関連事業▽日本再生戦略の重点分野であるグリーン、ライフ、農林漁業に関する事業▽社会保障分野――の3分野が柱となる。そのうち、厚生労働省所管のライフ関連事業で取り上げるのは、▽在宅医療の充実強化▽臨床研究中核病院の整備▽国立高度専門医療研究センター(NC)における橋渡し研究等推進事業▽個別化医療推進のための患者ゲノムコホート研究推進事業(バイオバンク事業)――の4事業。新仕分けで取り上げるライフ関連事業の規模は、13年度予算の概算要求ベースで164億円。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録