HOME > 無季言 ∨ 

「食物アレルギー」認識調査

2012年11月26日 (月)

◆食物アレルギーを持つ子どもの母親が周囲に知ってもらいたいことの1位は「好き嫌いとは違う」こと。ファイザーの実施した小学生の母親を対象とした「食物アレルギー」認識調査で明らかになった
◆また、食物アレルギーを持つ子どもの母親の29・8%が、子どもが友達の家に遊びに行く時に食事に関して不安を抱いている一方、食物アレルギーのない子どもの母親が、子どもの友達に食べ物を提供する際に「アレルギーの有無」を確認している割合は35・9%にとどまることも判明した
◆食物アレルギーを持つ子どもは重篤なアレルギー反応である「アナフィラキシー」を起こす可能性がある。中でも「アナフィラキシーショック」は命に関わる危険な状態だ
◆好き嫌いなく食べることは大切であり、それを子ども世代に伝えていくことは必要だと思う。一方で、好き嫌いだと思った裏に食物アレルギーが潜んでいるかもしれないと考えることのできる親世代を育成する意味でも、食物アレルギーに関する啓発活動も必要な取り組みだろう。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録