HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日病薬】病棟常駐の体制整備急務‐北田会長、次期改定へ「今が頑張り時」

2012年11月28日 (水)

病棟薬剤業務実施加算で

 日本病院薬剤師会の北田光一会長は、本紙のインタビューに応じ、次期診療報酬改定に向け調査・検証が行われる「病棟薬剤業務実施加算」について、「本来、病棟で薬物療法の全責任を負うためには、要件の週20時間が重要ではない。常時、薬剤師が病棟にいることが大切であり、少なくとも昼間は病棟に常駐している形を早急に目指していきたい」との考えを示した。その上で、「本当にいい風が吹いている。人を増やすのは大変だと思うが、まだ今回の加算はステップに過ぎない。今は次のジャンプに向けた頑張り時だ」と強調。病棟業務の評価獲得へ発破をかけた。

 病棟薬剤業務実施加算の算定状況を見ると、6月時点で503施設、直近で941施設が算定を申請したとのデータが得られている。北田氏は「一般病院が大半で、非常に算定施設が多いという印象だ」と実感を語る。6月時点の503施設にアンケートを実施したところ、人員増によって加算を算定している施設は3割にとどまることが明らかになった。7割の施設は、業務見直しなどで対応していたという。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録