HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

IGPA年次総会の話題‐ジェネリック医薬品普及に向け総合討論

2012年12月13日 (木)

 第15回国際ジェネリック医薬品連盟(IGPA)年次総会が5、6の両日、京都市内で世界27の国や地域から約400人が参加して開かれた。総会スローガン「ジェネリック医薬品(GE薬)の使用による医療への貢献と医療保険制度の維持発展」を掲げ、GE薬市場を取り巻くグローバルな共通課題が話し合われた。その中で、いくつかのトピックスを紹介する。

GE薬学会、ロードマップ作成へ提言‐数量シェア分母を見直し

武藤氏

 日本ジェネリック医薬品学会の武藤正樹代表理事(国際医療福祉大学大学院教授)は基調講演で、2012年3月末までのGE薬数量ベースシェア30%という政府目標以降の、新たなターゲットを決めるロードマップの作成が厚生労働省で進められているが、同学会として12年度以降、GE薬に置き換え可能(特許切れ医薬品)な市場のうち、15年度までに65%、17年度までに80%を目標にしていくよう提言する方針を示した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録