HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第54回米国血液学会】MLN9708、未治療MM患者の58%でVGPR達成

2012年12月17日 (月)

 未治療の多発性骨髄腫を対象に、レナリドマイド、デキサメタゾンと新規経口プロテアソーム阻害薬「MLN9708」(一般名:イクサゾミブ)の併用療法を検討した第I/II相試験の結果、全患者のうち58%が最良部分奏効(VGPR)を達成した。

 未治療の多発性骨髄腫患者65人を対象に、レナリドマイドとデキサメタゾン、「MLN9708」の週1回投与による併用療法を行い、主要評価項目としてVEPR以上の奏効、安全性・忍容性を検討した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録