HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本製紙】薬用植物市場へ参入‐圃場での実生産にも着手

2012年12月21日 (金)

 製紙業大手の日本製紙は、薬用植物市場への本格参入を目指す。独自の苗生産技術を薬用植物に応用し、このほど挿し木増殖が難しい薬用植物30種類中、12種で発根に成功した。漢方薬メーカーなどにプロモーションを行うと共に、苗の供給だけでなく、圃場での実生産にも着手し、事業拡大を狙う。全体量の約8割を中国からの輸入に依存し、将来の安定供給が懸念される薬用植物の国内自給に結びつけ、新たな市場を開拓する。

 同社は、紙の主原料が木であることから、アグリ・バイオ研究所で、植林木の成長を高めたり、苗の生産性を向上させる技術開発に取り組んできた。苗の生産については、植物の光合成能力を引き出す環境を探る研究に着手。糖に代わるエネルギー源として、高濃度の二酸化炭素と水、光を用いて、植物の発根促進につなげる挿し木増殖技術「光独立栄養培養技術」を確立した。既にユーカリの植林や絶滅危惧種の植物など100種以上で技術を応用している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録