HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【バイオロジクスフォーラム】細胞製品の品質管理を議論‐「生きた細胞」製品化に課題

2013年1月21日 (月)

 バイオロジクスフォーラム学術集会が17日、都内で開かれ、細胞や組織を用いた再生医療製品の品質確保をめぐって議論した。これまで大きな壁にぶつかっていた再生医療実用化は、iPS細胞開発で山中伸弥京都大学教授がノーベル賞を受賞し、機運が高まってきたが、「生きた細胞」を製品化するための品質管理には標準的な手法がなく、課題が山積している。こうした中、演者からは、新たな品質管理の考え方の必要性や製造工程で品質管理を行うなどの提案が出た。

 京都大学iPS細胞研究所の木村貴文氏は、ヒトiPS細胞の臨床応用に向けた課題を指摘した上で、「バイオイノベーション推進のサブスタンス(内容)もロジスティクス(支援体制)も整いつつある」とし、「病態解析や創薬を可能とする初期技術の供与を進めていかなければならない」と訴えた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録