HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【バイエル薬品/参天製薬】AMD治療薬「アイリーア」、8週1回の「計画的投与」を訴求

2013年1月28日 (月)

左からグート社長、黒川社長

 滲出性加齢黄斑変性(AMD)の新たな治療薬として、昨年11月に抗VEGF薬の硝子体内注射剤「アイリーア」が登場した。2カ月に1回と効果が長期間に持続するのが特徴。製造販売元のバイエル薬品と眼科領域のスペシャリティファーマの参天製薬が国内で共同販促し、抗VEGF薬における第1選択薬を目指す。

 AMDは、網膜の中心にある黄斑に関わる疾患で、失明原因の第4位となっている。全体の約9割を占める滲出型AMD治療をめぐっては、熱レーザー治療や静脈注射剤「ビスダイン」などが用いられてきたが、主に進行抑制を目的とした治療に限られていた。その後、硝子体内注射の抗VEGF薬として、「マクジェン」「ルセンティス」が登場し、視力の改善が見込めるところまで治療法が進歩している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録