HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日病薬近畿学術大会】多職種間の情報共有推進‐近大病院、「TeamSTEPPS」を導入

2013年2月1日 (金)

 医師や薬剤師など多職種間で情報や認識を共有することの重要性が、1月26、27日の2日間、滋賀県で開かれた日本病院薬剤師会近畿学術大会のシンポジウム「これまでのコミュニケーション、これからのコミュニケーション」で強調された。近畿大学病院安全管理部医療安全対策室の医師、辰巳陽一氏は、米国で開発された「TeamSTEPPS」の手法に基づき、多職種間の共有認識を深める技術を学ぶ研修を、同院の全スタッフを対象に実施していることを紹介した。

 医療事故は様々な要因が組み合わさって起こるが、辰巳氏は「どこかで誰かが何か言ってあげたら、また気づいていたのに無視しなければ起こり得なかった事故が多い」とし、医療事故や医療紛争の多くにコミュニケーションエラーが関係していると解説した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録