HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬学会】「コアカリ改訂案」提示‐大項目は7領域から構成

2013年2月13日 (水)

15年度入学の学生から適用

 日本薬学会は7日、「薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂に関する専門研究委員会」にコアカリの改訂案を提示した。大項目をA(基本事項)、B(薬学と社会)、C(薬学基礎教育)、D(衛生薬学教育)、E(医療薬学教育)、F(薬学臨床教育)、G(薬学研究)――の7領域で組み立てる考え方を示している。また、関連団体へのアンケート調査などを踏まえ、新コアカリを2013年度の早い段階で決定するスケジュールや、新コアカリを2015年度に入学する学生から適用することも確認した。

 これまで「薬学系人材養成のあり方に関する検討会」では、6年制薬学教育への導入という点を明確化するため、大項目のBを「導入教育」としていたが、導入教育には6年間を通して履修すべき内容も含まれるため、Bを「薬学と社会」と変更し、Dの「衛生薬学・社会薬学教育」から社会薬学の部分をBへ移動して編成し直した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録