HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

厚労省・鎌田経済課長、後発品割合の地域差指摘‐さらなる使用促進求める

2013年3月6日 (水)

鎌田氏

 厚生労働省医政局の鎌田光明経済課長は4日、全国医政関係主管課長会議で、全国の調剤医療費(電算処理分)における後発品の数量割合に差が見られると指摘。都道府県の担当者に対し、一層の使用促進に向けた取り組みを求めた。また、公立の地域中核病院等で普及が進むことにより、地域へ後発品使用が広がることへ期待感も示した。

 鎌田氏は、政府目標の後発品数量シェア30%に比べて、未だに低い現状にあるとした上で、さらなる使用を進めていく必要があると強調。2007年に策定した「後発品の安心使用促進アクションプログラム」の後継と位置づける新たなロードマップの作成を進めていることを説明。2011年度の調剤医療費における後発品の数量割合を見ると、都道府県によって35%以上から20%以下まで差が見られることから、一層の使用促進に向けた取り組みを求めた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録