HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【板橋区薬】無菌調剤施設の現状討論‐「在宅シンポ」を開催

2013年3月6日 (水)

在宅シンポジウム

 在宅医療で用いる無菌製剤の調製を含め、薬局・薬剤師の役割に期待が高まりつつある。東京都の板橋区薬剤師会は、3日、無菌調剤施設の共同利用を焦点に「在宅シンポジウム」を開いた。近隣地区の薬剤師を含め、多くの会員が参加し、施設の共同利用を進める上での課題が話し合われた。共同利用を行うには契約書の作成などと共に、地域の医師会や訪看ステーション等への広報活動が重要なことや、手技等研修も必要なことから、帝京大学薬学部での実習などを含め、多角的に無菌調剤の応需体制・環境づくりを進めていく方向性を確認した。

 日本薬剤師会「地域・在宅医療委員会WG」の石川優子委員は、在宅医療の現状と無菌施設の共同利用をめぐる日薬の方針・考え方を示した上で、昨年9月に自薬局で無菌施設を開設した状況や最近の運用状況などを紹介した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録