HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【近大/国循】外部講座、病院薬剤部内に設置‐4年制博士課程教育で連携

2013年3月15日 (金)

握手する内藤院長(右)、村岡薬学部長

握手する内藤院長(右)、村岡薬学部長

 近畿大学と国立循環器病研究センターは、薬学専攻博士課程(4年制)の大学院生の教育研究を連携して行う協定を結んだ。連携大学院方式によって同センター病院薬剤部内に近畿大学の外部講座「循環器薬物療法学」を今年4月1日から設置し、臨床現場を舞台に大学院生の教育と研究を実施できる環境を整える。大学院生は、同院の薬剤師レジデントを兼務して実務を担当し、報酬を得ながら博士号取得を目指すことも可能だ。全国でも珍しいこの仕組みは、有能な人材を大学院に呼び込む教育モデルになると関係者は期待している。

 循環器薬物療法学講座の客員教授には同院薬剤部長の{卉(上)+木(下)}原健氏が就き、客員准教授は特任副薬剤部長の和田恭一氏が務める。同院薬剤部出身で近畿大学薬学部臨床薬剤情報学教授の高田充隆氏が、同講座の教授を兼任する。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録