HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本薬学会】「日薬・日病薬と会員融合模索」柴崎薬学会新会頭

2013年4月2日 (火)

若手研究者の経済支援も検討

 日本薬学会の柴崎正勝会頭は3月28日、第133年会の講演で、薬学6年課程導入に伴う会員数の減少に歯止めをかけるために日本薬剤師会や日本病院薬剤師会との会員融合を検討する方針を示した。また、基礎薬学研究水準の底上げに向け、同学会が所有する東京・渋谷の長井記念館の賃貸料収入を原資に、6年制・4年制の博士課程院生や博士研究員向けの経済的支援制度を創設したい考えも明らかにした。

 現在の同学会会員数は約1万9200人。これまで薬学4年課程から大学院修士課程へ進学して薬学会に入会し、その後、医療に従事して職能団体の会員になる際に退会するケースが多く、入会数と退会数が概ね均衡して2万人程度の規模を維持してきた。しかし、6年課程の場合は薬学会に入会する学生は少なく、薬学会を経ずに薬剤師会、病院薬剤師会へ入会する流れになると見られる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録