HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【国立精神・神経医療研究センター、日本新薬】国産初の核酸医薬開発へ

2013年5月14日 (火)

7月からDMDで探索試験

 国立精神・神経医療研究センターと日本新薬は9日、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)を対象とした国産初のアンチセンス核酸医薬「NS‐065」の早期探索的臨床試験を、7月から医師主導でスタートさせると発表した。同センターが約10人の患者で核酸医薬の有効性、安全性を確認した上で、日本新薬が企業治験として第I相試験を手がけ、2018年の上市を目指す。

 DMDは、ジストロフィン遺伝子異常により、筋細胞の膜を保護する蛋白質が失われる遺伝性筋疾患。蛋白質へ翻訳される領域(エクソン)の一部が欠け、mRNAがアミノ酸に翻訳される過程で、アミノ酸の読み枠にズレが生じて発症する。筋ジストロフィーの中で最も頻度が高く、2~5歳の男児3500人に1人の割合で発症するといわれているが、現在の治療法はステロイド等の対症療法に限られていた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録