HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東大学病院グループ】前立腺癌に新たな治療標的‐CTBP1-ASが増殖に関係

2013年5月15日 (水)

 東京大学病院22世紀医療センターの研究グループは、次世代シーケンサーを活用し、新規の長鎖非コードRNA分子であるCTBP1-ASがアンドロゲンの刺激を受けて、癌遺伝子のように働くことを発見した。また、CTBP1-ASは前立腺癌の増殖、進展に大きな役割を果たしていることや、そのエピゲノム作用を介する分子メカニズムを解明した。特にホルモン療法が奏功しない難治性前立腺癌の新たな治療の標的となり得ることを明らかにした。

 前立腺癌は最も発症頻度の高い癌の一つで、その発症者、死亡者の急激な増加は、超高齢社会を迎えたわが国での大きな社会問題となっている。前立腺癌の発生と進展においては、男性ホルモンであるアンドロゲンの作用が鍵を握っており、アンドロゲンの作用を抑制するホルモン療法が広く普及している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録