HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】違法ドラッグ・偽造薬情報を積極発信

2013年5月16日 (木)

 厚生労働省は、個人輸入・指定薬物等に関連する事例や被害状況の収集、情報提供・相談の提供を行うサイト「あやしいヤクブツ連絡ネット」を開設し、消費者や医療関係者に注意喚起している。

 同サイトは、無承認無許可医薬品、指定薬物、偽造医薬品にかかる情報を収集・分析・評価すると共に、それらの情報を活用して販売業者等に対する監視指導を行うことを目的とした、個人輸入・指定薬物等適正化対策事業の一環で、「偽造医薬品等情報センター」が運営している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録