HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【トランスジェニック】病態可視化マウスを本格展開‐細胞ストレスを簡便に検出

2013年6月13日 (木)

 マウスを使った抗体作製受託サービスを手がけるトランスジェニックは、新たな研究支援ツールとして、「病態可視化マウス」のサービス提供に力を入れる。病態マウスに紫外線照射を行うことで、疾患発症につながる細胞ストレスを可視化し検出できるのが特徴。病態解析を行えるツールとして、薬効・薬理試験や安全性薬理試験など非臨床試験の受託につなげたい構えだ。

 細胞ストレスは、様々な疾患に関与していることが報告されている。特に細胞内ストレスでは、神経変性疾患や癌、メタボリックシンドロームなどの発症に関わり、不具合で生じた変性蛋白質が蓄積されることで引き起こされる小胞体ストレス、動脈硬化や糖尿病、リウマチなどに関わり、酸化反応が亢進する酸化ストレスなどがある。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録