HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【がん研究セ/産総研】抗癌剤創薬研究で連携契約‐分子推論と臨床データを融合

2013年07月10日 (水)

握手する夏目氏(左)と堀田氏

握手する夏目氏(左)と堀田氏

 国立がん研究センターと産業技術総合研究所創薬分子プロファイリング研究センターは4日、抗癌剤の新規標的探索や最適化等で協力する連携契約を結んだ。産総研のインシリコ技術、がん研究センターの臨床基盤を生かし、日本発の創薬シーズをいち早く実用化につなげていく。両者の連携により、最低3品目は臨床試験入りさせたい考えだ。

 今回の連携では、創薬研究における最適化の部分で生じている「谷間」を基盤技術で橋渡しし、実用化に向けたギャップを埋めることにより、新薬の臨床試験成功率の向上や脱落薬の再開発、上市薬のリポジショニングに取り組む。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報