HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中外製薬】癌・新製品が好調で増収増益‐13年12月期中間決算

2013年07月29日 (月)

 中外製薬の2013年12月期中間決算(連結)は、国内で抗癌剤や新規骨粗鬆症治療剤の活性型ビタミンD3「エディロール」が成長し、骨粗鬆症治療薬「エビスタ」に関する日本イーライリリーとの販売提携終了や薬価改定の影響を吸収し、海外では円安影響のほかに、抗ヒトIL‐6抗体「アクテムラ」のロシュ向け輸出が伸び、増収増益となった。マイルストーン収入が倍増したことも売上、利益に貢献した。

 国内では、抗インフルエンザ薬「タミフル」が90億円で、このうち行政備蓄等を除く通常分が82億円となり、通期予想の81億円を上期で達成した。

y11308_19-01

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報