HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

関係者一丸で課題解決へ‐日本ジェネリック製薬協会 吉田 逸郎会長に聞く

2013年8月12日 (月)

吉田会長

 ジェネリック医薬品(GE薬)のさらなる使用促進に向けたロードマップを厚生労働省が4月に発表し、今後5年間の目標と関係者それぞれの課題が明確になった。その中でも特に重要な役割りを担うのがGE薬メーカーだ。欠品対策、確実な原薬調達、情報提供の充実などに業界がどう取り組むのか、日本ジェネリック製薬協会(GE薬協)の吉田逸郎会長に聞いた。

必要量・生産能力を調査

 【GE薬の現状】

 昨年度のGE薬の数量シェアは、GE薬協調べで25・8%となった。厚労省の「後発医薬品の安心使用促進アクションプログラム」が始まる前年の2007年が16・9%だったことからすると、5年間で約1・5倍に増加したが、残念ながら政府目標の30%以上は達成できなかった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録