HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【PMDA調査】安全性情報の管理不十分‐約半数薬局が多忙を理由に

2013年8月9日 (金)

 保険薬局で常時在庫医薬品の安全性情報を「十分に管理できていない」と回答した施設が52%に上ることが、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が実施した調査で分かった。薬局は自ら安全性情報を入手、管理している施設が大半で、管理が不十分な理由としては「調剤業務で手いっぱいであり、人員不足」が最も多かった。処方箋応需枚数が多いほど、安全性情報を十分に管理できていないと考えている薬局が多い傾向にあった。

 調査は、医療機関と薬局における医薬品安全性情報の入手、活用状況等を把握するため、今年1~2月にかけて全国の8541病院、保険薬局の半数2万6915施設を対象に行ったもの。今回から保険薬局も調査対象に追加した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録