HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省・検討会】早期導入の機器6件追加‐うつ病治療装置など選定

2013年8月16日 (金)

 厚生労働省の「医療ニーズの高い医療機器等の早期導入に関する検討会」は9日、新たに国内導入を促す品目として、▽CD34陽性細胞の標識・分離システム▽経頭蓋反復磁気刺激(rTMS)によるうつ病治療装置▽遊離メタネフリン測定キット▽抗菌性脳脊髄シャント▽腫瘍治療電場システム▽義眼台――の6件を選定した。

 ミルテニーバイオテクが輸入するCD34陽性細胞の標識・分離システムは、同種造血幹細胞移植を必要とする難治性白血病などの高リスク造血器悪性腫瘍、重症再生不良性貧血、原発性免疫不全症候群などの予後不良の先天性疾患患者で、HLA適合または1抗原不適合のドナーが存在しない症例が対象となる。国内の推定患者数は年間300例。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録